ちいきしんぶん11月3日号の1面で特集した上野三碑。ユネスコ「世界の記憶」に登録された最初の連休。さて、どんな様子か気になるところです。来週に控えているトレイルランニングレースの練習も兼ねて、上野三碑を一通りランニングで回ってきました。

山上碑の手前には立派な駐車場ができて、上野三碑を巡る無料バスがとまっていました。世界の記憶に登録されたからといって、いきなり人が大挙してどっと押し寄せるというものではないようですが、登録前から較べれば訪れる人も桁違いではあります。

山上碑は、ちょうど見学者がひいて一段落した時に訪れました。ボランティアの方もひとやすみ。

次は、高崎自然歩道、石碑(いしぶみ)の道を通って金井沢碑へ。この区間では4組ほどのハイカーに出会いました。ここは以前からハイカーにはよく出会いますので、今日がそれほど多いという印象ではありませんが、今迄とは違う雰囲気の方が多く見受けられるのは、やはり「世界の記憶」効果でしょうか。

金井沢碑の入口です。ボランティアの方に状況をお聞きすると、今の時点で(午後1時くらい)「今日は、100名ほどの来場者がありました。このペースでいくと夕方までに200名くらいですかね」とのこと。前日(11/3)と同じくらいのようです。

再び、もときた道を引き返し山上碑から多胡碑へ向かいます。山上碑の石段を降りる途中には立派な東屋が造られました。

山上碑から最初に現れる分岐。ここを左に行くと山名駅へ。右に行くと西山名駅です。右に約2、30メートル行くと高崎自然歩道の入口があります。高崎自然歩道は山名駅から山上碑に向かって歩くにはわかりやすいのですが、逆はわかりにくいのです。山上碑から山名駅まで歩く場合、無理に高崎自然歩道を歩かずに、この分岐を左に行くとわかりやすいですよ。少し歩くと忠霊塔があり、そこを右に入るとすぐに山名八幡宮に着きます。そこから山名駅は目と鼻の先。紙面でもご紹介した天然酵母のパン屋「ピッコリーノ」や「宮石青果店」に寄るものお勧めです。

この日(11/4・土)は、午前中は晴天でしたが、午後から曇天でときおり弱い雨がぱらついてきました。3連休の前後は好天でしたが、よりによってようやく時間が取れたこの日がこの天気とは(苦笑)。いいんです、天気はいまひとつですが、ランニングには丁度良い気温ですから。ロードを快調に走って多胡碑へ。

多胡碑でも数人のボランティアの方々が来場者に対応していました。来場者の状況をお聞きすると「今の時点で、150名くらいかな」。多胡碑記念館もあるので、はやり他の碑よりも来場は多いのでしょう。

多胡碑の手前で、13時58分発の路線バスに出会いました。午後の便は1本のみです。
ですが、世界の記憶に登録されてからは上野三碑を巡る無料のバスが運行されるようになりました。ちいきしんぶん11月3号の記事には、時間の都合で紹介できませんでしたが、詳しくは高崎市のホームページにありますので、ご参照ください。

写真は、多胡碑前。無料バスのバス亭です。

途中で出会い、話をしたハイカー、ボランティアスタッフ、そして見学者の方もみんな心なしかうきうきしているような感じで、全体的に「盛り上げていこう!」という雰囲気に満ちていました。
これから紅葉も見頃となりますので、上手にバスや電車を利用し、そしてウォーキングで上野三碑めぐりを楽しんでください。
【吉田】